BookLiveの中陰の花無料サンプル&試し読み


自ら予言した日に幽界へ旅立ったウメさんは、探し物を教えてくれる“おがみや”だった。臨済宗の僧侶である則道はその死をきっかけに、この世とあの世の中間=中陰(ちゅういん)の世界を受け入れ、みずからの夫婦関係をも改めて見つめ直していく──現役僧侶でもある著者が、生と死を独特の視点から描いて選考委員全員の支持を集めた、第125回芥川賞受賞の表題作。人口2万人の小さな町で、人目をしのんでひっそりと働き、暮らす女の日々を描く「朝顔の音」を併録。



中陰の花無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


中陰の花詳細はコチラから



中陰の花


>>>中陰の花のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミックサイトは色んな会社が展開しています。それらのサイトをきっちりと比較して、自分好みのものを選定することが大切です。そうすれば後悔しなくて済みます。
サービスの内容は、運営会社毎に違います。ですから、電子書籍を何処で購入するのかというのは、比較すべき内容だと言えるのです。すぐに決定してはダメです。
コミックサイトの最大の長所は、品揃えが書店とは比べ物にならないということだと思われます。商品が売れ残る心配がないので、たくさんの商品を揃えることができるというわけです。
日頃より本をたくさん読むと言われる方からすれば、一定の月額費用を納めることによっていくらでも読み放題という形で閲覧できるという料金システムは、まさしく画期的と言って間違いないでしょう。
いろんなサービスを押しのけながら、こんなにも無料電子書籍というスタイルが大衆化してきている理由としましては、近場の本屋が減少してしまったということが挙げられると思います。


ページの先頭へ