BookLiveのともしび 被災者から見た被災地の記録無料サンプル&試し読み


力強く生きる姿がありました東日本大震災を受け、たくさんの報道がなされましたが、教訓となるはなし、心に刻みたいエピソード、驚くべき体験というものが、膨大な情報とともに流れ去ってしまっています。ここで、いま一度振り返り、これからもずっと語り継いでいきたいはなしを、河北新報、福島民報、岩手日報、三陸新聞など地方紙に掲載された記事や、シュープレス独自の取材の中から集約し、写真とともにじっくり読める一冊にまとめました。「家族に“避難しろ”と伝えられなかった消防士。最愛の妻と一人娘を津波で失った。その後も捜索活動に取り組むのは“仲間といると壊れないでいられる”からと。はんてん姿の男達が支え合っている」「避難所の小学生が作る、いいことしか掲載しない“ファイト新聞”」「“見捨てるなんて、同じ生きものとして恥ずかしい”――警戒区域となった原発20キロ圏内に戻り、放射能汚染で出荷できない牛をいまも世話し続ける畜産家」「“計算していては商品提供に時間がかかりすぎる”店長の独断で、商品を無償提供した西友汐見台店。その後、一時閉店を告げた張り紙には“ご恩は一生忘れない”など感謝の言葉で埋まっていた」「仙台から石巻へ続くたった一本の幹線道路。救援物資を届けた帰りの人が必ず目をとめる場所に、いつからか“ありがとう”と書かれたプレートが並べられた」…など。



ともしび 被災者から見た被災地の記録無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ともしび 被災者から見た被災地の記録詳細はコチラから



ともしび 被災者から見た被災地の記録


>>>ともしび 被災者から見た被災地の記録のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



面白いか面白くないか判断しづらい作品がある場合には、BookLive「ともしび 被災者から見た被災地の記録」のサイトで無償利用できる試し読みを有効利用すると後で後悔することもなくなるでしょう。チョイ読みして面白いと感じなければ、購入しなければいいだけの話です。
大方の本は返品は許されないので、内容をざっくり確認してから入手したいと考える人には、試し読みサービスのある無料電子書籍は想像以上に便利です。漫画も軽“く立ち読み”してから買い求めることができます。
毎月の本の購入代金は、1冊ずつの単価で見ればそんなに高くないですが、たくさん買ってしまうと、月々の料金は大きくなってしまいます。読み放題なら定額になるので、支払を節約できます。
本を通信販売で買う場合は、基本として表紙とタイトルにプラスして、あらすじ程度しか確かめられません。それに対しBookLive「ともしび 被災者から見た被災地の記録」サイトを利用すれば、冒頭部分を試し読みすることができるようになっているのです。
超多忙な毎日でアニメを見ることが出来ないという社会人にとっては、無料アニメ動画が好都合です。テレビ放送のように、毎週定時に見る必要がありませんから、空いている時間に見れるわけです。


ページの先頭へ