BookLiveの古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実無料サンプル&試し読み


歴史の中で「悪」のレッテルを貼られているものどもは、ただ単に「政争に敗れたものども」にすぎないことがままある。その一方で、これまで「正義の味方」と思われていた英雄が、じっさいには、「本当の悪」だったということもありえるのだ。また、地域や立場の違いによって、人物評ががらっと変わることも十分考えられる。幕末の京都で暴れ回った新撰組がいい例だろう。倒幕派にすれば新撰組は極悪人だが、江戸幕府からみれば、「忠義の人々」である。敗れる側に自ら身を挺した彼らの姿に、「滅びの美学」を嗅ぎ取ることもできる。では、古代史の「ワル」どもの正体はいかなるものだったのだろう。悪徳の天皇と罵られた雄略天皇。天皇家をないがしろにした蘇我入鹿。独身女帝を手玉に取り、皇位を簒奪しようとした道鏡などなど。古代史には個性豊かでふてぶてしい輩がわんさかといる。彼らの正体はいかなるものだったのか。古代史の「ワル」どもの正体を明かしていこう。



古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実詳細はコチラから



古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実


>>>古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



入手してから「思ったよりもつまらない内容だった」と悔やんでも、一度読んだ漫画は返品不可です。だけども電子書籍なら試し読みが可能ですから、そうした失敗をなくせるのです。
「本棚が漫画で溢れている状態で難儀しているので、買うのを躊躇してしまう」という心配が不要なのが、BookLive「古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実」のメリットです。どんどん購入しても、整理する場所を考えなくても大丈夫です。
最新刊は、本屋で軽く読んで買うことにするかどうかを確定する人が多いようです。ただし、最近ではBookLive「古代史悪党列伝 「正史」に封印された謎と真実」にて冒頭部分だけ読んで、その本を購入するのか否かを決定する人が増加しています。
漫画の売れ行き低下が指摘されるようになって久しいですが、電子書籍は新しいシステムを提案することにより、新規登録者を増加させつつあります。今までは絶対になかった読み放題プランが起爆剤になったのです。
無料漫画をわざわざ配置することで、サイト訪問者を増やしそこから販売につなげるのが電子書籍を運営する会社にとっての目論みですが、反対にユーザーも試し読みができるので、躊躇なく購入できます。


ページの先頭へ