BookLiveのクラウド時代の「IT資産管理」の実務無料サンプル&試し読み


【従業員の軽はずみな違法コピーが、即、「億単位の和解金」という大きな経営リスクにつながる時代――】ハードウェアだけでなく、ソフトウェアの資産管理も重要になってきている現在、IT資産管理は実務担当者のみならず、経営者にとっても必読のテーマです。また、同時に「所有から利用へ」というクラウド化の波も押し寄せ、企業・組織をとりまく情報システム環境はいま、大きく変わりつつあります。本書では、◎ハードウェア資産◎ソフトウェア資産◎ネットワーク資産◎データ資産◎人的資産という5つのIT資産のうち、とくに「ハードウェア資産」と「ソフトウェア資産」に焦点を当て、管理のやり方をわかりやすく解説しました。本書を読めば、クラウド時代に対応したIT資産活用ができるようになり、経営リスクやコストを大きく減らすことができます!



クラウド時代の「IT資産管理」の実務無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


クラウド時代の「IT資産管理」の実務詳細はコチラから



クラウド時代の「IT資産管理」の実務


>>>クラウド時代の「IT資産管理」の実務のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホで読むことができるBookLive「クラウド時代の「IT資産管理」の実務」は、出掛ける際の荷物を減らすのに有効だと言えます。カバンなどの中に見たい本を何冊も入れて持ち歩いたりしなくても、手間なくコミックを見ることができます。
今まではちゃんと本を買っていたという人も、電子書籍を利用し出した途端に、普通の本には戻れないということが多いと聞いています。コミックサイトもいろいろとありますから、しっかり比較してから選択してください。
ここに来て、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが誕生し注目度が高くなっています。1冊単位でいくらというのではなく、月毎にいくらという料金徴収方式を採っているわけです。
漫画や本を多く読みたいというビブリオマニアにとって、何冊も買い求めるのは家計的にも厳しいものと思われます。しかし読み放題プランなら、書籍購入代金を縮減することも出来なくないのです。
スマホで読める電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字の大きさを自分好みに変えることができますので、老眼で見えにくいお年寄りの方でも苦労せずに読めるという利点があるわけです。


ページの先頭へ