BookLiveの英語が会社の公用語になる日無料サンプル&試し読み


グローバル化が加速する現在、ビジネスシーンにおいて「英語」は不可欠です。また、それを見越して、最近では、ユニクロやファーストリテイリングなど、国内企業のなかでも英語公用語を検討・実行しようとしている企業も出てきています。本書では、社内公用語を英語にしたある会社をテーマに、ストーリー形式で実際のビジネス現場で繰り広げられるいろんな場面を想定した、さまざまなトピック(英語での就任スピーチ、食堂のメニューが英語、など)が繰り広げられます。内容は、著者の会社の通釈・翻訳者への実際の依頼に基づいたオリジナルストーリーなので、実際に起こりうることとして臨場感がありますので、ビジネス英語の教養書としても読むことができます。あわせて、通訳式の英語勉強法である「シャドウイング」と「サイト・トランスレーション」をもとに、実際のビジネスで使用する英単語や英文を学習することができます。英語学習は、TOEIC450点の主人公の目線で進んでいきますので、無理なく勉強することができる一冊です。



英語が会社の公用語になる日無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


英語が会社の公用語になる日詳細はコチラから



英語が会社の公用語になる日


>>>英語が会社の公用語になる日のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「連載という形で販売されている漫画を買い求めたい」という人にはニーズがないと言えるサービスです。だけど単行本が発売になってから買い求めると言われる方にとっては、購入前に無料漫画にて内容を試し読みできるのは、画期的なことではないでしょうか?
BookLive「英語が会社の公用語になる日」が大人世代に人気を博しているのは、幼いころに幾度となく読んだ漫画を、改めてサクッと鑑賞できるからだと思われます。
お金にならない無料漫画を敢えて提供することで、ユーザーを集めて売上増加へと繋げるのが販売会社にとっても目的ですが、反対の立場である利用者にとっても試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
BookLive「英語が会社の公用語になる日」を楽しみたいとすれば、スマホに限ります。PCは重くて持ち歩けませんし、タブレットも通勤電車などの中で閲覧するというような時には、大きすぎて迷惑になると考えられます。
連載系の漫画はまとめて買う必要があるため、事前に無料漫画でちょっとだけ読むという人が増加しています。やっぱり立ち読みせず漫画の購入を決断するというのはなかなか難易度が高いのです。


ページの先頭へ