BookLiveの地名で読む江戸の町無料サンプル&試し読み


小石川、門前仲町、八丁堀、さらに寅さんの柴又、遊郭の吉原……。地名の由来を探れば、過去の社会制度や事件、人々の生活が身近に見えてくる。本書は、地名をもとに江戸の歴史と町へ接近(アプローチ)。第1部では、幕府の都市づくり政策を概観する。寺社、町人地、鷹場はいかにして造られたか。さらに「大江戸」「江戸っ子」の呼称成立の背景や、消えた地名についても言及。第2部では、江戸とその周辺を機能・地域別に九つに分類し、50の地名の具体的歴史を探訪する。すなわち、[1]幕府が造った町(丸の内・高田馬場)、[2]武家地(有楽町・御茶の水)、[3]寺社地(浅草)、[4]町人地(両国・蔵前)、[5]水辺の町(佃島・築地)、[6]交通の要所(日本橋・新宿)、[7]遊び場(猿若町・飛鳥山)、[8]武蔵野(練馬・小金井)、[9]東の郊外(柴又・小松川)などというように。市町村合併による地名改変が盛んな昨今、貴重な文化遺産としての地名を再認識できる本である。



地名で読む江戸の町無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


地名で読む江戸の町詳細はコチラから



地名で読む江戸の町


>>>地名で読む江戸の町のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



放送しているのをオンタイムで追っかけるのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、銘々の好きな時間に見ることだって簡単にできるのです。
本屋では、スペースの問題から陳列できる漫画の数に限度がありますが、BookLive「地名で読む江戸の町」だとこのような問題が発生しないため、マイナーな単行本も数多く用意されているのです。
本を買う時には、BookLive「地名で読む江戸の町」を活用して軽く試し読みをするというのがセオリーです。物語のあらすじや主人公の絵柄などを、DLする前に把握できます。
電子書籍と言う存在は、知らないうちに支払が高額になっているということが無きにしも非ずです。しかしながら読み放題でしたら1ヶ月の利用料金が決まっているので、いくらDLしようとも料金が高くなる心配は無用です。
サービスの詳細については、運営会社によって異なります。ですので、電子書籍をどこで購入するのかというのは、比較検討するのが当たり前だと言えるでしょう。余り考えずに決定すると後悔します。


ページの先頭へ