BookLiveの「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本無料サンプル&試し読み


『「バカ売れ」キャッチコピー』『「バカ売れ」キラーコピー』『「バカ売れ」POP』に続く、中山マコト氏の「バカ売れ」シリーズ第4弾!今作では、見積り書や企画書、報告書、メルマガなどをつくるときに一番のポイントとなる「タイトル」の書き方にスポットライトを当てました。「受注が取れない」「企画が通らない」「メルマガを読んでもらえない」「ブログの集客が伸びない」……そんな悩みをもつすべての人にお勧めの一冊です!



「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本詳細はコチラから



「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本


>>>「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「電子書籍はどうも苦手だ」と言う人も多数いるようですが、一度でもスマホを利用して電子書籍を閲覧してみたら、持ち運びの便利さや支払いの簡単さからハマってしまう人が大半だと聞いています。
本を買う代金は、1冊1冊の単価で見ればそんなに高くないですが、たくさん買ってしまうと、1ヶ月の合計金額は高額になります。読み放題であれば利用料が定額のため、出費を抑えることが可能です。
決済前に試し読みをして漫画のイラストとか話を確かめた上で、不安を抱えることなく買い求めることができるのがネットで読める漫画の特長です。前もって内容を確認できるので失敗の可能性が低くなります。
どんな物語かが分からないまま、カバーの見た目だけで漫画を購読するのはハイリスクです。いつでも試し読みができるBookLive「「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本」ならば、大体の内容を知った上で購入できます。
無料漫画をわざわざ置くことで、ユーザーを集めて収益増に結び付けるのが事業者サイドのメリットですが、反対の立場である利用者にとっても試し読みをしてから購入の判断を下せるのでメリットがあります。


ページの先頭へ