BookLiveの毎日が大河無料サンプル&試し読み


なんでこんなつらい仕事、またも引き受けちゃったんだろう……。大ヒットした『篤姫』の放送中に最愛の夫を病で失い、茫然自失で泣き暮らしていた著者に来たのは、3年先の大河ドラマ執筆の依頼。ほとんど休みのないまま突入した『江~姫たちの戦国』の執筆と、その鬼のようなスケジュールと並行して連載されたWebマガジン幻冬舎のエッセイに、現在(2011年11月末)の自分から当時を振り返っての突っ込み原稿を書き下ろしで加筆。仕事に追われ、ドラマの仕上がりに一喜一憂。女手ひとつで2人の子どもをかかえ、山あり谷あり、笑いあり涙あり……。どうしてこんなにスットンキョー?ドラマ裏話もたっぷり収録、読めば元気が出る傑作エッセイ。



毎日が大河無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


毎日が大河詳細はコチラから



毎日が大河


>>>毎日が大河のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



毎日のように新たな漫画が配信されるので、どれだけ読んでも全て読みつくす心配などいらないというのがコミックサイトの良いところです。書店では販売されない懐かしのタイトルも閲覧できます。
BookLive「毎日が大河」で漫画を購入すれば、自分の部屋に本棚を用意する心配は不要です。新しい本が出るタイミングで本屋に立ち寄る手間も不要です。こうした特長から、ユーザー数が増加傾向にあるのです。
電子書籍を買い求めるというのは、電子情報を入手することだと言っていいわけです。サービスを提供している会社が倒産してしまったといった場合は利用できなくなるはずですので、絶対に比較してから信頼のおけるを選択しなければいけません。
一括りにして無料コミックと申しましても、取り扱われているカテゴリーは多岐にわたります。若者向けの漫画から大人向けの漫画まで揃っていますから、あなたの趣味嗜好に合う漫画をきっと探し当てることができると思います。
コミックブックと言えば、中高生のものというふうにイメージしているかもしれません。だけど今はやりのBookLive「毎日が大河」には、中高年層の人が「青春を思いだす」とおっしゃるような作品も山ほどあります。


ページの先頭へ