BookLiveの右の心臓無料サンプル&試し読み


少女の目線で戦後を描いた幻の自伝的小説。「戦争が終ってからずっと父さんは内地の話をしてくれた。あぐらの中にタダシをすっぽり入れて、ヒロシと私は父さんにぐてりと寄りかかって、兄さんは、父さんの前にかしこまって坐って、みんなシーンとして父さんの口を見ていた」――中国からの引き揚げ。父さんの伯父一族が住む山梨の田舎での貧しいがエネルギーに満ちあふれた生活を、あくまで少女の目から描いた自伝的小説。小さな共同体の中の子だくさんの家族、昭和20年代の日本の原風景が丸ごと裸のままで立ち上る。「心臓が右にある」最愛の兄の死の描写は、この作品のハイライトだ。「もう死んだから下着もパンツもはかせないのか。いやだなあ、とわたしは思った。パンツぐらいはかせればいいのに」*本作は1987年から88年にかけて「図書新聞」に連載され、88年10月に(今はない出版社)リブロポートから刊行された。絵本作家佐野洋子が初めて書いた長篇小説である。数々のエッセー集で繰り返し描かれてきた「家族」がほぼそのまま登場する自伝的な小説といっていいだろう。この幻の作品が文庫化され再び世に出る意味は大きい。解説:岩瀬成子(児童文学者)



右の心臓無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


右の心臓詳細はコチラから



右の心臓


>>>右の心臓のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



読み放題プランというシステムは、電子書籍業界でしか成し得ることができない言わば先進的な取り組みです。買う方にとっても作家サイドにとっても、魅力が多いと言うことができます。
数多くの方々が無料アニメ動画を見ているのです。急に予定がなくなった時間とかバスとか電車での移動中の時間などに、気軽にスマホで楽しめるというのは、とても便利だと思います。
売り場では、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、ヒモでくくるケースが増えています。BookLive「右の心臓」を活用すれば試し読みができるので、ストーリーを理解してから購入の判断を下せます。
買いたい漫画はさまざまあるけど、手に入れても収納場所を確保できないという人もいるようです。そのため、整理整頓の心配が全く不要なBookLive「右の心臓」の評判が高まってきているのです。
昨今注目を集めているアニメ動画は、若者だけのものではなくなりました。アニメが苦手な人が見ても思わず唸ってしまうようなストーリーで、意味深なメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。


ページの先頭へ