BookLiveの創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へ無料サンプル&試し読み


日本人は物まねがうまく、「創造」は苦手である。しかし時代はオリジナリティの高い仕事を要求する。新しいモノを作り出すために必要な頭の動きをシステム化し、数式を解くように物事を作り出す画期的思考法!



創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へ詳細はコチラから



創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へ


>>>創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画マニアの人からすれば、収蔵品としての単行本は大切だと思いますが、読めるだけで満足という人の場合は、スマホ1台あればよいBookLive「創造はシステムである ──「失敗学」から「創造学」へ」の方がおすすめです。
老眼で近くにあるものがハッキリ見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍を読むことができるというのは、ある意味革新的なことなのです。フォントの大きさを自分に合わせられるからです。
無料電子書籍を上手に利用するようにすれば、仕事でアポが飛んでしまっても、時間のみが経過していくなんてことがゼロになるはずです。仕事の空き時間とか電車での移動中などでも、十分エンジョイできるはずです。
電子書籍に限っては、知らない間に買いすぎているということがあるようです。だけども読み放題プランを利用すれば毎月の支払いが固定なので、どれだけ読了したとしても利用料金が高額になることはありません。
店頭には置いていないような少し前の作品も、電子書籍なら販売しています。無料コミックの中には、アラフォー世代が以前繰り返し読んだ本も結構含まれているのです。


ページの先頭へ