BookLiveのMacPeople 2012年6月号 特別版無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。7本の新連載スタートに加えて、iCloudやSSD、NASといったマックの新常識を検証する特集や、アップルデザインの系譜、ハズレなしの面白ゲーム特選、遠隔操作のA to Z、話題の「Adobe CS6」など、ページ数を増量してどっぷりとマックに浸れる特集を5本用意。そのほか、栗山千明さんや岡村靖幸さんのインタビュー、カヒミ・カリィさん×ユザーンさんの対談などにも注目です。※特別版は別冊小冊子が付属しないほか、表紙のデザインをはじめ紙誌面と一部異なる点があります。この商品は2012年4月28日発売号の電子特別版です。



MacPeople 2012年6月号 特別版無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


MacPeople 2012年6月号 特別版詳細はコチラから



MacPeople 2012年6月号 特別版


>>>MacPeople 2012年6月号 特別版のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



ショップでは、スペースの関係で取り扱える漫画の数が限られてしまいますが、BookLive「MacPeople 2012年6月号 特別版」のような仮想書店ではそんな問題がないため、少し古いタイトルも取り扱えるというわけです。
無料電子書籍を適宜活用すれば、時間を使って店舗まで出向いて行って中身をチラ見するといった面倒なことをしなくて済むようになります。こんなことをせずとも、「試し読み」さえすれば内容の確認ができるからというのが理由なのです。
電子書籍のデメリットとして、いつの間にやら支払が高額になっているということが無きにしも非ずです。対して読み放題なら月額料金が増えることはないので、いくらDLしようとも支払金額が高くなることはありません。
人がいるところでは、内容確認するだけでも後ろめたいような種類の漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍であれば、好みかどうかを確かめた上で購入を決断することも可能なのです。
電子書籍も普通の本と同じように情報そのものが商品なので、内容が微妙でもお金を返してもらうことはできません。従いまして面白そうかをチェックするためにも、無料漫画を読むようにした方が良いと思います。


ページの先頭へ