BookLiveのMacPeople 2012年7月号 特別版無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ほかのユーザーがどんな風にマックを活用しているのか気になりませんか? 今月の特集1では100人以上のマックユーザーに聞いた「Macの買い方・つき合い方」に迫ります。きっと知らなかった意外な活用法、考え方に巡り会えるはず!? さらにマックユーザーのためのAndroid講座や、iBooks Authorの実践的な使い方、自慢したくなる周辺機器&雑貨カタログなどの特集を掲載。そのほか、水樹奈々さんや小野恵令奈さんのインタビュー、久保ミツロウさん×ユザーンさんの対談などにも注目です。 ※特別版は別冊小冊子「iPhonePEOPLE」が付属しないほか、紙誌面と一部異なる点があります。この商品は2012年5月29日発売号の電子特別版です。



MacPeople 2012年7月号 特別版無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


MacPeople 2012年7月号 特別版詳細はコチラから



MacPeople 2012年7月号 特別版


>>>MacPeople 2012年7月号 特別版のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



店頭販売では、棚の問題で置ける書籍の数に限度がありますが、BookLive「MacPeople 2012年7月号 特別版」においてはこのような制約がないため、ちょっと前に発売されたコミックも多いのが特徴でもあるのです。
マンガは電子書籍で買うという人が増加しています。カバンなどに入れて持ち歩くなんてこともなくなりますし、本を片付ける場所も必要ないというのが大きな理由です。プラスして言うと、無料コミックに指定されているものは、試し読みだって可能なのです。
単行本は、お店で触りだけ読んで購入するかどうかを決定するようにしている人が多いです。ただし、最近ではBookLive「MacPeople 2012年7月号 特別版」にて簡単に内容を確認して、その本を購入するか決める方が多くなってきています。
「外出中であっても漫画を満喫したい」などと言われる方に重宝される事請け合いなのがBookLive「MacPeople 2012年7月号 特別版」だと断言します。漫画本を肌身離さず持ち歩くことが不要になり、カバンに入れる荷物も減らすことができます。
無料漫画をわざわざ提供することで、利用者数を引き上げ売上増加へと繋げるのが業者にとっての目的というふうに考えられますが、当然ですが、利用者側からしても試し読みが出来るので助かります。


ページの先頭へ