BookLiveのMacPeople 2013年3月号無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。創刊から数えて通巻300号となる記念号。価格は据え置きで、なんと320ページの特大ボリューム。創刊号から300号までの主要な表紙、当時に開催されたアップル関連イベントでの基調講演、注目マック、ソフトウェア、ハードウェアなどを網羅しています。PeopleWatchingも300号を記念した特別版に。過去に登場していただいた著名人が熱く語るアップル製品の魅力をまとめました。巻頭ページは、昨年の12月に登場した極薄デザインの27インチiMac。CTOでCPU/GPUを最高スペックに、内蔵ストレージを爆速のFusion Driveに変更した超最上位モデルを詳しくリポートします。特集1は、マック本体やOS Xの仕組みを理解して「なんだかおかしい」という原因不明のトラブルを解決する方法を紹介。特集2は、iPadやiPad miniを本気でビジネスに活用する数々のテクニックを公開しています。実際に起こりえるシチュエーションでiPadをどのように使えばいいのかすっきりわかるでしょう。特集3は、編集者が激押しするガジェットカタログ。2万円以内の予算で購入できる、買って絶対損しない製品が大集合。そのほか、表紙モデルの倉科カナさんのインタビュー、永積タカシさん(ハナレグミ)×ユザーンさんの対談にも注目です。iPhoneのホットな情報をお届けする「iPhonePEOPLE」では、Kindleのスタートで再注目されている電子書籍の主要サービスをまとめました。iOSデバイスだけでなく、OS Xに対応しているサービスに注目です。なお、この電子版は紙誌面と一部異なる点があります。この商品は2013年1月29日発売号の電子版です。



MacPeople 2013年3月号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


MacPeople 2013年3月号詳細はコチラから



MacPeople 2013年3月号


>>>MacPeople 2013年3月号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画が好きな事をヒミツにしておきたいと考える人が、昨今増えていると聞いています。マイホームに漫画を放置したくないというような場合でも、BookLive「MacPeople 2013年3月号」の中なら誰にも悟られずに漫画を読むことができます。
一日一日を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を無駄なく活用するよう意識しなければなりません。アニメ動画を見るのは移動の最中でも可能ですので、こういった時間を効果的に使うというふうに意識しましょう。
電子書籍ビジネスには沢山の会社が進出していますから、念入りに比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決めることが大切です。本の種類が多いかとか料金、サービスの中身をリサーチすると良いと思います。
比較検討後にコミックサイトをチョイスしている人が増えているようです。電子書籍で漫画を楽しみたいなら、幾つものサイトの中より自分にふさわしいサイトを選定することが重要なのです。
様々な本を手当たり次第に読むという人からすれば、あれこれ購入するのは金銭的負担が大きいと言えます。だけど読み放題を利用すれば、本代を削減することができるのです。


ページの先頭へ