BookLiveのMacPeople 2013年4月号無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。iPad 4 Retinaディスプレイモデルに容量128GBがラインアップされました。本誌ではノートパソコンの代わりとしての新しい利用方法を徹底紹介していきます。第1特集は「私しか知らない秘密のアプリ」と題して、編集者やライターがフル活用している、あまり知られていない超便利アプリや機能を紹介します。第2特集は「Macのセキュリティー」。ウイルスが少ないと言われているマックですが、最近ではウイルスよりもウェブサービスやSNSなどを通じての情報漏洩が深刻化しており、マックユーザーも他人事では済まされません。どうすればセキュリティーをがっちり確保できるのかを詳しく紹介していきます。第3特集は「メール/カレンダー環境リストラ大作戦」と題して、GoogleサービスやiCloudなど複数サービスの併用で複雑怪奇になっているメールやスケジュールの管理を徹底的に見直します。



MacPeople 2013年4月号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


MacPeople 2013年4月号詳細はコチラから



MacPeople 2013年4月号


>>>MacPeople 2013年4月号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



月額固定料金を納めることで、色んな書籍をどれだけでも読めるという読み放題コースが電子書籍で話題となっています。毎回毎回買わなくても読めるのが一番のポイントです。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報自体が商品となるので、面白くなくても返品に応じて貰えません。なので自分に合うかを確かめるためにも、無料漫画を閲覧するようにしましょう。
「どの業者で書籍を買い求めるのか?」というのは、考えている以上に大切なことだと考えます。価格やコンテンツなどにそれぞれ特徴があるので、電子書籍については比較しなくてはいけないのです。
マンガの発行部数は、何年も前から減っているというのが実際のところです。既存の販売戦略に固執せず、0円で読める無料漫画などを打ち出すことで、新規顧客の獲得を目指しています。
電子書籍と言う存在は、気が付いた時には買いすぎているという可能性があるのです。だけど読み放題なら月額料金が増えることはないので、どれだけ読了したとしても支払金額が高くなることを心配する必要がありません。


ページの先頭へ