BookLiveの炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)無料サンプル&試し読み


萩城(はぎじょう)の事件から二度目の冬が訪れた。19歳になった高耶(たかや)は直江(なおえ)の〈死〉を記憶から消し去り、小太郎を直江だと思いこんだまま、怨霊調伏(おんりょうちょうぶく)に奔走していた。一方、度重なる心霊事件の真相を究明するため、国家公安委員会・特務調査部が動きだし、重要参考人として高耶の調査を進めていた。不審な事件が続発する江の島に向かった高耶は、妙に懐かしさを感じさせる開崎(かいざき)という男に出会うが…。



炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)詳細はコチラから



炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)


>>>炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



お店で売っていないといった少し前の作品も、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップの中には、団塊の世代が以前楽しんだ漫画が含まれています。
BookLive「炎の蜃気楼13 黄泉への風穴(前編)」を読みたいなら、スマホが便利ではないでしょうか?パソコンは持ち歩くことが不可能ですし、タブレットも電車など混み合った中で閲覧するというような時には、大きすぎて使えないと言えるのではないでしょうか。
毎月の本代は、1冊1冊の購入代金で見れば高くはありませんが、いっぱい購入すれば、毎月の購入代金はかなり膨らむことになります。読み放題プランなら金額が固定になるため、支出を節約できるはずです。
毎月よく漫画を読むという人からしますと、一定の月額費用を納めることによって何冊だって読み放題で閲覧できるというプランは、まさしく革新的だと高く評価できるでしょう。
漫画を買う人の数は、残念ながら減少しています。似たり寄ったりな販売戦略に見切りをつけて、誰でも読める無料漫画などを採り入れることで、新たな顧客の獲得を狙っています。


ページの先頭へ