BookLiveの遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造無料サンプル&試し読み


マスメディアが伝えるニュースには、虚報(事実無根の報道)、歪報(事実を歪めた報道。事実を誇大に伝える「誇報」と矮小化して伝える「矮報」に分類できる)、誤報(記者の軽率によって生じる報道)、禍報(不作為の歪報)、無報(何らかの事情で報道されないこと。意識的な黙殺と自主規制によるものがある)、削報(矮報と無報に近いが、ある部分にかぎって外部からの圧力、自己検閲によって記事を故意に削除すること)、猥報(エログロ・スキャンダリズム)がある──本書は1974年に刊行された書籍だが、2012年の今日、総崩れ状態にあるマスメディアの状況が、実は当時も今もまったく変わっていないことを浮き彫りにする。著者は政治学者・丸山真男の実弟。今回の電子化にあたり、著者の論壇デビュー論文「ジャーナリストと戦争責任」(単行本未収録)を収録。今日に通じる鋭いメディア批判に加えて、国会議員当選直後の石原慎太郎の人物論と評価、そして天皇論も興味深い。立読み版は→http://urx.nu/1BTX



遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造詳細はコチラから



遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造


>>>遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「どこのサイト経由で本を買い求めるか?」というのは、案外大切なことだと思います。価格とかサービスの中身などにそれぞれ特徴があるので、電子書籍と言いますのは比較して選ばないとならないのです。
気軽にダウンロードして楽しむことができるのが、無料電子書籍の人気の秘密です。本屋まで出向く必要も、通信販売経由で買った書籍を配送してもらう必要もありません。
「電車の中でも漫画が読めたらいいな」という人に重宝される事請け合いなのがBookLive「遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造」だと思います。漫画本をバッグに入れておくこともなくなりますし、手荷物の中身も軽量になります。
月額固定料金を納めることで、色んな書籍を思う存分閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で評判となっています。一冊単位で買わずに読めるのが一番のポイントです。
BookLive「遊撃的マスコミ論 オピニオン・ジャーナリズムの構造」のサイトで若干違いますが、1巻全部を0円で試し読みできるというところも若干あります。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「楽しいと感じたなら、その後の巻をお金を支払って買ってください」という販促方法です。


ページの先頭へ