BookLiveの手話ということば もう一つの日本の言語無料サンプル&試し読み


「世界共通ではない」「抽象概念も表せる、文法もある」……。手話は、自然言語としての特徴を備えた、魅力的な「日本のことば」である。ろう者である妻との会話に日々それを使用する著者は、言語学者の立場からそう語る。だが、長年手話は言語としては認められず、単なるジェスチャーなどと侮蔑的に捉えられてきた。同時に、その使い手であるろう者は、情報やコミュニケーションが保障されず、多くの辛酸を嘗めてきた。日本に約17万人いるろう者の人間としての尊厳は、現在も未だ法的に守られる状態には至っていない。本書では、ろう者の歩んできた苦難の歴史と手話の言語的特徴を明示。「手話はろう者の第一言語」という立場から世界の潮流である「手話の公用語化」を訴える。<主な内容>◎ろう者との出会い、手話との出会い ◎ろう者の歴史と生活 ◎手話の歴史と現状 ◎健聴者にとっての手話 ◎手話にまつわるさまざまな誤解 ◎昔の手話、今の手話 ◎手話の公用語化etc.



手話ということば もう一つの日本の言語無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


手話ということば もう一つの日本の言語詳細はコチラから



手話ということば もう一つの日本の言語


>>>手話ということば もう一つの日本の言語のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



カバンの類を出来るだけ持ちたくない男性にとって、スマホで無料電子書籍が楽しめるというのはとても便利なことです。荷物の量は変わらないのに、ポケットに保管して本や漫画を持ち歩くことができるというわけなのです。
「電子書籍が好きじゃない」という愛読家の方も間違いなくいますが、1回でもスマホで電子書籍を読んでみたら、その利便性や購入までの簡便さから愛用者になる人が珍しくないとのことです。
漫画雑誌を買い集めると、将来的に収納場所に困るという問題にぶつかります。けれども書籍ではないBookLive「手話ということば もう一つの日本の言語」であれば、どこへ収納するか悩むことが全くないので、何も気にすることなく楽しむことができます。
電子書籍も小説や漫画と同様に情報が商品ということになるので、内容が微妙でも返品は不可能です。それ故概略を確かめるためにも、無料漫画を閲覧することが大事になります。
ここのところ、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というサービスが誕生し人気を博しています。1冊いくらではなくて、月々いくらという課金方式です。


ページの先頭へ