BookLiveの人が死なない防災無料サンプル&試し読み


小中学生の生存率、99.8%(学校管理下では100%)。東日本大震災で大津波に襲われた岩手県釜石市で、子どもたちはなぜ命を守ることができたのか。そこには、震災前から地道に積み重ねられてきた、画期的な「防災教育」の効果があった。本書では、2004年から釜石市の危機管理アドバイザーを務めてきた著者が、主体的な避難行動を可能にした「防災教育」のノウハウを余すところなく、公開するとともに、いつ災害に襲われるかもわからない私たちすべてが知っておかなくてはならない「生き残るための指針」を提起する。【目次】はじめに/第一章 人が死なない防災―東日本大震災を踏まえて/第二章 津波を知って、津波に備える―釜石高校講演録(2010年7月2日)/第三章 なぜ、人は避難しないのか?/第四章 求められる内発的な自助・共助―水害避難を事例に/おわりに



人が死なない防災無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


人が死なない防災詳細はコチラから



人が死なない防災


>>>人が死なない防災のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「電車やバスに乗っていて漫画本を開くなんてあり得ない」という様な方でも、スマホにそのまま漫画をダウンロードすれば、恥ずかしい思いをすることがなくなります。これこそがBookLive「人が死なない防災」の人気の理由です。
老眼に見舞われて、目から近いところが見えなくなってきたという読書家の高齢者にとって、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントの大きさを変更できるからです。
無料漫画につきましては、書店での立ち読みのようなものだと言って間違いありません。内容がどうなのかをそれなりに確認した上で買えますので、ユーザーも安心感が増します。
サービス内容については、会社によってまちまちです。そんな訳で、電子書籍を何所で購入するのかというのは、比較すべき内容だと思っています。安易に選ぶのは危険です。
漫画を買い求める際には、BookLive「人が死なない防災」サービスで触りだけ試し読みするというのがおすすめです。ざっくりとしたあらすじや主人公の容姿を、課金前に確認できます。


ページの先頭へ