BookLiveの金融社会主義 クラッシュに続く混乱と清算の30年無料サンプル&試し読み


サブプライム金融危機を境に銀行の公的管理や市場の規制が強まり、市場原理主義は金融社会主義へと大転換した。その事実と背景を冷厳な目で分析し、将来像を描き出す。【主な内容】第1章 人間のおごりに対する神の怒り──金融の退化は防げるか / 第2章 世界同時恐慌の不安 / 第3章 資源高に見られる実体経済と金融の垣根の低下 / 第4章 サブプライム問題で米国はどう変わるか / 第5章 崩壊の危機に瀕した市場型金融モデル / 第6章 日本版市場型間接金融へのインパクト / 第7章 公的サポートを強めた金融ユーティリティモデル / 第8章 金融業界における今後30年の展望



金融社会主義 クラッシュに続く混乱と清算の30年無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


金融社会主義 クラッシュに続く混乱と清算の30年詳細はコチラから



金融社会主義 クラッシュに続く混乱と清算の30年


>>>金融社会主義 クラッシュに続く混乱と清算の30年のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍ビジネスには沢山の会社が進出していますから、ちゃんと比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決めることが大切です。広範囲な本が揃っているかとかコンテンツ、価格などを比べてみることが不可欠です。
電子書籍はクレカで買うので、知らないうちに利用代金がすごい金額になっているということが十分あり得るのです。だけども読み放題プランを利用すればあらかじめ料金が決まっているので、読み過ぎたとしても利用代金がすごい金額になるなどということはあり得ないのです。
利益が発生しない無料漫画を敢えて提案することで、集客数を上げ売上増に結び付けるのが電子書籍サイトのメリットですが、逆の立場であるユーザーも試し読みが出来るので、買うかどうかの判断に役立ちます。
現在連載中の漫画は数十巻という冊数を買うことになるということから、先ず初めに無料漫画で試し読みするという人が多いです。やはり中身を読まずに購入を決断するのは難しいのでしょう。
ここのところ、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが登場し注目を浴びています。1冊いくらというのではなく、月毎にいくらという課金方法を採っているわけです。


ページの先頭へ