BookLiveの承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?無料サンプル&試し読み


日本人はお金により動機づけられる「経済人」である以上に、人から「認められたい」という承認欲求で動く「承認人」であるとの自説を展開した前著『お金より名誉のモチベーション論』は各方面で話題を呼んだ(日経新聞、朝日新聞、日経ビジネスなどが書評)。その応用編ともいうべき本書では、どのようにすれば承認欲求を刺激して人を動かし、組織を活性化できるか具体策を提示する。また逆に従業員の立場から、どのようにすれば、上司など周りから反発を受けずスムーズに認めてもらえるのかについても説く。これまで、成果主義など金銭的欲求による動機づけに偏りがちだったインセンティブ手法に、新たなブレイクスルーをもたらす内容となっている。



承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?詳細はコチラから



承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?


>>>承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



Web上にある通販サイトでは、原則タイトルなどに加えて、おおよそのあらすじしか見えてきません。だけどBookLive「承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?」だったら、かなりの部分を試し読みすることができるようになっているのです。
居ながらにしてアクセスして閲覧することができるというのが、無料電子書籍の利点です。売り場まで赴く必要も、通信販売で購入した書籍を郵送してもらう必要もないのです。
「通勤時にも漫画を読みたい」と言われる方に重宝される事請け合いなのがBookLive「承認欲求 「認められたい」をどう活かすか?」なのです。重たい漫画を持ち運ぶことが不要になり、鞄の荷物も軽くできます。
読み放題プランというサービスは、電子書籍業界からすれば真に画期的とも言える挑戦になるのです。購入する側にとっても著者や出版社にとっても、メリットが多いということで注目されています。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる方も稀ではないようですが、スマホを使って1回でも電子書籍を閲覧すると、その気軽さや購入までの簡便さから抜け出せなくなる人が少なくないようです。


ページの先頭へ