BookLiveのヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業無料サンプル&試し読み


日本最大のインターネット企業、ヤフーが難局を迎えている。創業以来15年続けて増収増益を達成し、一見業績は堅調だが、足元では失速を隠せない。業界首位の立場から守りの姿勢に傾くことが増え、常に斬新なサービスを繰り出すという先進イメージも薄れた。本家である米ヤフーの不振もひとごととは言い切れない。そんな中、16年ぶりのトップ交代で、宮坂学CEO率いる新体制が発足した。アスクルへの出資、クックパッドとの提携、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とのポイント統合など、次々と改革を打ち出すが、その実力はなお未知数だ。日本のヤフーは憂鬱を跳ね返し復活できるのか。それとも……。日本経済新聞社の媒体から関連する記事を厳選し、収録した。



ヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業詳細はコチラから



ヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業


>>>ヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「ヤフーに迫る憂鬱 難局迎えた日本最大のネット企業」が親世代に支持されているのは、幼いときに反復して読んだ漫画を、改めて手間もなく楽しむことができるからということに尽きるでしょう。
ほぼ毎日新タイトルが追加されるので、何十冊読んだとしても全て読みつくすという状況にはならないというのがコミックサイトの利点です。もう書店では扱っていない珍しい作品も閲覧できます。
コミックなどの書籍代金は、1冊ずつの代金で見れば高くはありませんが、読みたいだけ購入していれば、毎月の購入代金は高くなります。読み放題というプランなら金額が固定になるため、支払を抑えることが可能です。
老眼が進んで、近くの物がぼやけるようになったという読書家の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるようになったというのは、本当に画期的なことなのです。フォントの大きさを調整できるからです。
スマホで読むことのできる電子書籍は、ご存知かと思いますが文字サイズを自分に合わせることができますから、老眼に悩む60代以降の方でも、十分楽しむことができるという特長があるというわけです。


ページの先頭へ