BookLiveのWebライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。Webライティングでは、本文を書くのと同じくらいの労力で見出しを作る必要があります。本書では、「転」のある話の「ネタ」を量産する方法を最初に紹介し、検索エンジン、ソーシャルメディア、サイト内回遊のどこから集客するのかによって見出しを3種類に分け、書き分ける方法を説明しています。また、効率の悪い方法で本文を書かずに済むように、ズームイン、ズームアウト、パンという3つのカメラワークでテーマをわかりやすく述べるためのあらすじの作り方を解説しています。アメリカ式の「主張→理由→結論」型、日本式の「背景事情→結論」型を使い分けるときの基準も示しました。さらに、面白い文章に共通している話の運び方を明らかにしています。



Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで詳細はコチラから



Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで


>>>Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明までのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



評判の無料コミックは、スマホやパソコンで読めます。出先、小休憩のとき、病院やクリニックなどでの診てもらうまでの時間など、隙間時間に気楽に見ることができます。
本屋では、スペース上の問題で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、BookLive「Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで」だとそんな問題が起こらないため、ちょっと前に発売された作品も扱えるのです。
大方の本は返せないので、中身を知ってから支払いをしたい人には、試し読みで確かめられる無料電子書籍はすごく重宝するはずです。漫画も内容を確認してから買い求められます。
漫画を購入するというなら、BookLive「Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで」のアプリで軽く試し読みをすることが大切だと言えます。ざっくりとしたあらすじやキャラクターの雰囲気などを、前もって把握することができます。
単行本は、書店で立ち読みして買うかどうかの結論を出す人が多いようです。ただ、今日日はひとまずBookLive「Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで」サイトで冒頭部分だけ読んで、それを買うか判断する人が増加しています。


ページの先頭へ