BookLiveのなぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折無料サンプル&試し読み


1924(大正13)年11月、最後の訪日を行なった中国独立の父と称される孫文は、神戸で“大アジア主義”を宣言した。当時、アジアのほとんどの国は欧米の植民地となっており、日本と中国が協力してアジアの国々を独立させねばならないということだ。大アジア主義を唱える日本人は、それ以前から少なからずいた。私は、アジア主義は正解だと現在でも考えている。それがなぜ大東亜共栄圏となり、大東亜戦争となったのか。大アジア主義から大東亜共栄圏への変遷、その経緯を明らかにするためには、昭和の戦争についてあらためて総括せねばならない。どうも私たち日本人には、連合軍が決めつけた“侵略戦争”というよりは敗れる戦争をしたことこそが致命的失敗という認識が希薄なようだ。そこで、いつどこでどのようにして失敗回路にはまってしまったのか、今後失敗を繰り返さないために、徹底的に洗い直してみることにしよう。(田原総一朗/本文より抜粋)



なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折詳細はコチラから



なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折


>>>なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



購入後に「考えていたよりもありふれた内容だった」と悔やんでも、一度開封してしまった本は返すことができません。ところが電子書籍なら試し読みが可能なので、そうした状況をなくせるのです。
昔のコミックなど、町の本屋では取り寄せを頼まなくては読むことができない書籍も、BookLive「なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折」としてたくさん取り揃えられているため、スマホ一つでダウンロードして読みふけることができます。
本屋では内容確認することさえ躊躇してしまう類の漫画でも、無料漫画サービスを提供している電子書籍でしたら、楽しめるかを確かめた上で買うことも可能なのです。
ここ最近、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが誕生し人気を博しています。1冊単位でいくらではなくて、月毎にいくらという販売方式になっているのです。
売り場では、売り物の漫画の立ち読みを阻止するために、ビニールで包むケースが多いです。BookLive「なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折」の場合は試し読みが可能ですから、漫画の趣旨をちゃんと理解した上で購入ができます。


ページの先頭へ