BookLiveのこの国は原発事故から何を学んだのか無料サンプル&試し読み


■内容紹介この事故を風化させてはならない。福島原発事故から1年半経った今だからこそ書ける真実。40年以上一貫して原子力反対を訴え続ける著者が綴った究極の反原発論。福島原発事故から1年半が経ったが、いまだに事故は収束していない。放射性物質の放出は続き、ガレキ処理はままならず、避難者の帰還のめども立っていない。多くの作業員が被曝覚悟で事故処理に当たる中、政府は大飯原発再稼働を強行。40年以上にわたり原子力に反対してきた著者が事故の風化を警告し、改めて原発の危険性を説き、原発ゼロ社会実現への思念を綴った反原発論。■著者紹介小出 裕章(こいで ひろあき)1949年、東京生まれ。京都大学原子炉実験所助教。1968年、原子力の平和利用に夢を抱いて東北大学工学部原子核工学科に入学。1970年、女川での反原発集会への参加を機に、原発をやめさせるために原子力の研究を続けることを決意。1974年、東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。専門は放射線計測、原子力安全。著書に『原発はいらない』(幻冬舎ルネッサンス新書)など多数。



この国は原発事故から何を学んだのか無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


この国は原発事故から何を学んだのか詳細はコチラから



この国は原発事故から何を学んだのか


>>>この国は原発事故から何を学んだのかのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



老眼になったために、目の前にあるものが見えにくくなってしまったという読書家の中高年の方にとって、スマホで電子書籍を楽しめるというのは、何より有難いことなのです。文字の大きさを変更できるからです。
「ある程度中身を知ってからじゃないと買いたくない」と感じている利用者からすれば、無料漫画と申しますのは悪いところがないサービスなのです。販売側からしましても、ユーザー数の増加に結び付くわけです。
購入したい漫画はいろいろと発売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないという人もいるようです。だからこそ、片づけを全く考えずに済むBookLive「この国は原発事故から何を学んだのか」の評判が上昇してきているのだそうです。
書店では見つけられないであろう昔に出された本も、電子書籍では揃っています。無料コミックのラインナップには、アラフォー世代がずいぶん前に堪能し尽くした漫画なども見られます。
多くの人から支持されているアニメ動画は、若者限定のものではないと言えます。30代以降が見ても十分楽しめるコンテンツで、深いメッセージ性を秘めたアニメもかなり揃っています。


ページの先頭へ