BookLiveの百花園 第七〇号無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。明治の頃、名人による落語・講談を忠実に再現した速記本は、ある種の大衆文学として人気を博していました。そんな速記本の中で最も支持されていたのが「百花園」でした。本シリーズは、明治22(1889)年5月から明治33(1900)年11月に刊行された落語・講談速記本「百花園」(金蘭社刊)を完全復刻したものです。大衆芸能史研究家で神田神保町の古書店「いにしえ文庫」店主である岡田則夫氏所蔵の全240号を1ページずつ写真撮影してデジタル化しました。現在では入手困難な「百花園」を、手元で読むことができます。高画質なので、文字やルビを拡大して見ることも可能です。明治時代の舌耕文芸の全貌が見渡せ、当時の風俗や話し言葉を知るための資料としても貴重です。(古書を元に制作した電子書籍ですので、その状態により一部読みにくい箇所がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。)



百花園 第七〇号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


百花園 第七〇号詳細はコチラから



百花園 第七〇号


>>>百花園 第七〇号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



楽しめそうかどうか判断に迷う漫画があるときには、BookLive「百花園 第七〇号」のサイトでお金のかからない試し読みを有効活用すると後で後悔することもなくなるでしょう。ちょっと読んでつまらないと思ったら、購入しなければ良いのです。
コミックの発行部数は、だいぶ前から減っている状態です。以前と同じようなマーケティングは見直して、集客力のある無料漫画などを提示することで、新規利用者の獲得を目論んでいます。
「電車の乗車中にコミックを読むなんてあり得ない」、そんな人であってもスマホ自体に漫画を保存すれば、羞恥心を感じる理由がなくなります。こうしたところがBookLive「百花園 第七〇号」の人気の理由です。
ショップでは、スペース上の問題で置ける書籍の数が限られてしまいますが、BookLive「百花園 第七〇号」においてはそのような限りがないため、ちょっと前に発売された書籍も数多く用意されているのです。
電車を利用している間も漫画をエンジョイしたいと願う人にとって、BookLive「百花園 第七〇号」ぐらい重宝するものはありません。1台のスマホを携帯するだけで、すぐに漫画をエンジョイできます。


ページの先頭へ