BookLiveの百花園 第七八号無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。明治の頃、名人による落語・講談を忠実に再現した速記本は、ある種の大衆文学として人気を博していました。そんな速記本の中で最も支持されていたのが「百花園」でした。本シリーズは、明治22(1889)年5月から明治33(1900)年11月に刊行された落語・講談速記本「百花園」(金蘭社刊)を完全復刻したものです。大衆芸能史研究家で神田神保町の古書店「いにしえ文庫」店主である岡田則夫氏所蔵の全240号を1ページずつ写真撮影してデジタル化しました。現在では入手困難な「百花園」を、手元で読むことができます。高画質なので、文字やルビを拡大して見ることも可能です。明治時代の舌耕文芸の全貌が見渡せ、当時の風俗や話し言葉を知るための資料としても貴重です。(古書を元に制作した電子書籍ですので、その状態により一部読みにくい箇所がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。)



百花園 第七八号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


百花園 第七八号詳細はコチラから



百花園 第七八号


>>>百花園 第七八号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



講読者数の伸び悩みが製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までにないシステムを展開することによって、新規のユーザーを増加させています。斬新な読み放題という売り方がそれを現実化したのです。
BookLive「百花園 第七八号」を楽しみたいとすれば、スマホが一押しです。重たいパソコンなどは持ち運べませんし、タブレットも通勤電車などの中で読むという際には、大きすぎて利用しにくいと言えるのではないでしょうか。
競合サービスに打ち勝って、このところ無料電子書籍というスタイルが浸透してきている理由としては、町にある書店が減少してしまったということが考えられます。
スマホで閲覧することが可能なBookLive「百花園 第七八号」は、出掛ける時の荷物を少なくするのに貢献してくれます。リュックやカバンの中などに重たくなる本を何冊も詰めて持ち運ぶなどしなくても、手軽に漫画をエンジョイすることが可能なわけです。
長く続く漫画は何冊も購入しなければならないため、ひとまず無料漫画で中身を覗いてみるという方が増加傾向にあります。やっぱり立ち読みせず書籍を買うというのはハードルが高いのだと言えます。


ページの先頭へ