BookLiveの百花園 第一九七号無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。明治の頃、名人による落語・講談を忠実に再現した速記本は、ある種の大衆文学として人気を博していました。そんな速記本の中で最も支持されていたのが「百花園」でした。本シリーズは、明治22(1889)年5月から明治33(1900)年11月に刊行された落語・講談速記本「百花園」(金蘭社刊)を完全復刻したものです。大衆芸能史研究家で神田神保町の古書店「いにしえ文庫」店主である岡田則夫氏所蔵の全240号を1ページずつ写真撮影してデジタル化しました。現在では入手困難な「百花園」を、手元で読むことができます。高画質なので、文字やルビを拡大して見ることも可能です。明治時代の舌耕文芸の全貌が見渡せ、当時の風俗や話し言葉を知るための資料としても貴重です。(古書を元に制作した電子書籍ですので、その状態により一部読みにくい箇所がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。)



百花園 第一九七号無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


百花園 第一九七号詳細はコチラから



百花園 第一九七号


>>>百花園 第一九七号のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホユーザーなら、スグに漫画を思う存分楽しむことが可能なのが、コミックサイトの売りです。購入は1冊ずつというタイプのサイトや月額固定性のサイトなどに分かれます。
バスに乗っている時も漫画に没頭したいと願う人にとって、BookLive「百花園 第一九七号」ほど役立つものはないのではと思います。スマホ1つをポケットの中に入れておくだけで、楽々漫画を購読できます。
老眼が進行して、近いところが見にくくて困っているという高齢の読書好きな方には、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、本当に画期的なことなのです。文字のサイズを読みやすいように調節できるからです。
サイドバックなどを持たない主義の男性にとりましては、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは凄いことです。言うなれば、ポケット内に入れて本を持ち歩けるわけです。
各種サービスに競り勝って、これほどまで無料電子書籍というシステムが一般化していきている理由としては、一般的な書店が減少してしまったということが挙げられるのではないでしょうか?


ページの先頭へ