BookLiveの「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?無料サンプル&試し読み


クラウド+データで個人情報経済がやってくる!■今注目を集めるビッグデータも、役に立っているものはどれだけあるのか。■クラウド・コンピューティング(以下、クラウド)は社会を変えるインパクトをもつといわれながら、その実力を発揮し切れていない。2つを生かすカギは、●「データを囲い込まないこと」●「個人情報を守る」これが本書の答えだ――企業は取得した顧客情報(データ)を囲い込むのは、常識。しかし、その情報は誰のものだろうか。企業のものだろうか。顧客のものだろうか。例えば、好み、購買履歴、洋服や靴のサイズをオープンにして、誰でもアクセスできるようになったら、……。他の企業がその情報をもとに、もっとよいサービス・製品を提案してくるはずだ。企業にとっては競争が増すことを意味するが、生活者のプロフィットが増えていく。もちろん、個人の情報を勝手に公開して欲しくはない。しかし、情報公開のルールとセキュリティが確立されてたら、問題ないはずだ。「ビッグデータ」の中の「個」(個人)のデータ活用・公開が進むとやってくるのは、個人情報経済だ。情報をもとに、あらたなビジネスが誕生したり、情報そのものを売買する世界がやってくる。本書は、「ビッグデータ」と「クラウド」を切り口に、近い将来やってくる刺激的な世界を提示している。



「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?詳細はコチラから



「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?


>>>「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画好きだということを知られたくないと言う人が、昨今増加しているらしいです。自宅には漫画の隠し場所がないと言われる方でも、BookLive「「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?」を使えば他人に隠したまま漫画に没頭できます。
ずっときちんと本という形で買っていたとおっしゃるような方も、電子書籍に切り替えた途端、その便利さにびっくりさせられるということが多いと聞いています。コミックサイトもかなり運営されていますので、面倒くさがらずに比較してから選ぶようにしましょう。
毎月の利用額が決まっているサイト、登録不要のサイト、1巻ずつ買うサイト、無料の作品が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトも何かと違う点が見受けられますから、比較した方が賢明です。
利用している人が急激に増えてきたのが無料のBookLive「「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?」です。スマホ上で漫画を見ることが可能なわけですから、面倒な思いをして漫画を持ち歩くことも不要で、お出かけ時の持ち物を減らすことができます。
「通勤時にも漫画を見ていたい」という人にちょうど良いのがBookLive「「クラウド化」と「ビッグデータ活用」はなぜ進まないのか?」だと言っても過言じゃありません。実物を運搬することもなくなりますし、バッグの中の荷物も軽くできます。


ページの先頭へ