BookLiveのこの国を出よ無料サンプル&試し読み


この国を出よ!中国がGDPで日本を抜き、韓国ではサムスンやLG電子が業績を伸ばす一方で、我が国は立ち往生している。大前研一氏と、同氏と交流のある柳井正氏の2人は、そんな日本に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いている。実際にユニクロでは、世界戦略を進め、上海やパリなど世界各都市に旗艦店を出店して成功を収めている。2大論客による警世憂国対論集。●主な内容もう黙っていられない――柳井絶望的状況なのに能天気な日本人――柳井「失われた20年」に国民の財産300兆円が失われた――大前今の日本は「ミッドウェー後」とそっくり――大前“ジャパン・パッシング”が本格化している――大前「成功者に厳しい税制」が国力を削ぐ――柳井フリースもヒートテックも「顧客の創造」だった――柳井GEやサムスンは人材育成に1000億円かける――大前「政治家育成」「一院制」「官僚リストラ」の三大改革――大前ほか



この国を出よ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


この国を出よ詳細はコチラから



この国を出よ


>>>この国を出よのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画ファンの人からすれば、コレクションのための単行本は貴重だということは承知しているつもりですが、手軽に楽しみたいという人であれば、スマホで楽しむことができるBookLive「この国を出よ」の方をおすすめしたいと思います。
コミックの発行部数は、何年も前から減少している状態です。似たり寄ったりな営業戦略は見直して、直接的には利益にならない無料漫画などを展開することで、新規ユーザー数の増大を企てています。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較して使いやすそうなものを見つけ出すことが大事になってきます。そういうわけで、取り敢えずは各サイトの特色を掴むことが必要です。
一概に無料コミックと言われても、用意されているカテゴリーは広範囲に及びます。少年漫画のみならずアダルト系まで揃っているので、あなたが読みたがっている漫画をきっと探し出せるでしょう。
お店の中などでは、軽く読むことも躊躇するような漫画だとしても、無料漫画というサービスのある電子書籍の場合は、面白いかを充分に確認した上で判断することができるので安心です。


ページの先頭へ