BookLiveの明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線無料サンプル&試し読み


既存メディア(新聞、テレビ、雑誌など)の外側に、今、広大なビジネスチャンスが姿を現しはじめた。たとえばネット利用者の行動データから、「BMWを購入している人の約半数が、1週間以内に花を買っている」というデータが得られる。つまり生花店は、クルマの購入者にアプローチすれば、今までにない効率的な広告活動が可能になるのだ。新たな世界ではじまっている新しいルール。それに気付けるかどうかが、次世代の生き残り戦略になる。2014年のメディアビジネスの姿はどのような変貌を遂げるのか?アメリカでは今後4年間に、スマートフォン、タブレット、スマートテレビを含めて、4億台のデジタル機器が普及する。これを誰がどのようにビジネス化するのか。その熾烈な戦いが繰り広げられている。最先端の海外メディア事情をもとに、メディアビジネスの未来を予測する。メディアからコンテンツビジネス、表現論までも含めて、この先数年間の変化を描ききった意欲作。



明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線詳細はコチラから



明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線


>>>明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



手にしたい漫画はいろいろと発売されているけど、買い求めても置くスペースがないと悩む人もいます。そういう理由で、整理整頓を気に掛ける必要のないBookLive「明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線」の口コミ人気が高まってきているのでしょう。
売り場では、スペースの問題から扱える漫画の数に制約がありますが、BookLive「明日のメディア 3年後のテレビ、SNS、広告、クラウドの地平線」ではこんな類の問題が起こらないので、マニア向けの漫画も販売することができるのです。
いつも持ち歩くスマホに漫画を丸ごと収納するようにすれば、片付ける場所について気を揉むことも不要になります。一度無料コミックから目を通してみると良さが理解できるでしょう。
電子書籍はクレカで買うので、いつの間にやら利用料が高くなっているということが無きにしも非ずです。ですが読み放題プランを利用すれば毎月の利用料が一定なので、ダウンロードし過ぎたとしても支払金額がバカ高くなるなんてことはないのです。
漫画を買う人の数は、何年も前から右肩下がりになっている状態なのです。以前と同じような販売戦略に固執せず、まずは無料漫画などを提示することで、新規利用者の獲得を図っています。


ページの先頭へ