BookLiveの開花の人―福原有信の資生堂物語無料サンプル&試し読み


徳川の世が揺らぎはじめた元治元年(1864年)、一人の青年が蘭方医学の私塾で学ぶため、安房国(現在の千葉県)から江戸にやってきた。その青年こそが後の資生堂を創業する福原有信(ふくはらありのぶ)だ。有信は、窮乏する福原家を再興するという使命を帯びて、勉学に励む。当初は医師を目指していたが、ある時、1冊の本と出合う。その本はワートルの『薬性論』。この本が有信の後の人生を大きく変えていくのであった。有信の真摯に学ぶ姿に、多くの人が感化され、そして有信を支えていく。そして当時の日本ではまだ受け入れられなかった「医薬分業」に取り組み、明治5年(1872年)西洋薬舗会社「資生堂」を創業する。これが2012年に創業140周年を迎えた、あの化粧品会社「資生堂」として羽ばたいてゆくのである。本書は数々の苦難を乗り越え、自らの意思を貫いた薬師であり実業家である福原有信の人生を描く著者渾身の評伝小説である。



開花の人―福原有信の資生堂物語無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


開花の人―福原有信の資生堂物語詳細はコチラから



開花の人―福原有信の資生堂物語


>>>開花の人―福原有信の資生堂物語のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



コミックサイトはいくつもあります。それらのサイトをきっちりと比較して、自分の考えに合っているものを1つに絞るようにしていただきたいです。そうすれば失敗しません。
「どこのサイトを通じて書籍を入手するか?」というのは、非常に大切な事です。価格とかシステムなどが違うのですから、電子書籍というものは比較しないとならないと考えています。
書店には置かれないというような出版数が少ないタイトルも、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップの中には、40代50代が少年時代に読みつくした本もいっぱい見受けられます。
各種サービスを押しのける勢いで、ここ最近無料電子書籍サービスというものが拡大している要因としては、地元の書店が減りつつあるということが言われています。
スマホを使って読む電子書籍は、一般的な本とは異なりフォントの大きさを好きに変えることができますから、老眼で本を敬遠している中高年の方でもスラスラ読めるという利点があるのです。


ページの先頭へ