BookLiveの執着心 勝負を決めた一球無料サンプル&試し読み


野村克也のID野球を、「感情を排した機械的な野球」と捉える人もいるようだ。しかしそれは全くの誤解である。ID野球の前提になるもの、それは勝利への執着心である。妥協なき勝利の追及が、データ重視や、個人本位のプレーを控えてチームのために尽くす姿勢を生み、弱者が強者を破る活路を開くのだ。そんな「真のプロらしさ」を論じ続ける、サンケイスポーツの試合評論を書籍化。2012年の巨人のセ・リーグ優勝と日本一の過程を辿り、さらに過去の日本シリーズの評論も収録。江夏の21球をはじめ、阪急が初めて巨人を破った1976年の日本シリーズ、1985年の阪神日本一、87年の西武対巨人、そして巨人が3連敗のち4連勝した89年を振り返る。◎「当たり前」のことをやっている宮本に倣え ◎釜田が初完投勝利をあげた理由 ◎阿部が日本一の捕手になるために必要なこと ◎栗山監督に備えと覚悟が見えない ◎圧巻、足立(阪急)の快投 ◎芸術品、江夏(広島)の配球



執着心 勝負を決めた一球無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


執着心 勝負を決めた一球詳細はコチラから



執着心 勝負を決めた一球


>>>執着心 勝負を決めた一球のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



スマホで閲覧できるBookLive「執着心 勝負を決めた一球」は、外出する時の荷物を軽減するのに有効です。カバンの中に見たい本を何冊も入れて持ち歩かなくても、好きなようにコミックを楽しむことができるのです。
人気の漫画も無料コミックを利用すれば試し読みができます。所有しているスマホで読めますので、家族には隠しておきたい・見られると困る漫画もこっそりと満喫できます。
Web上にある通販サイトでは、概ね表紙とタイトルにプラスして、大体のあらすじしか分かりません。ところがBookLive「執着心 勝負を決めた一球」サイトを利用すれば、話が分かる程度まで試し読みで確認できます。
電子書籍に限っては、知らないうちに支払が高額になっているということが十分考えられます。しかしながら読み放題に申し込めば毎月の利用料が一定なので、どれだけDLしたところで支払が高額になることを心配する必要がありません。
「生活する場所に所持しておきたくない」、「持っていることもバレたくない」と恥じ入る漫画でも、BookLive「執着心 勝負を決めた一球」を活用すれば周囲の人に知られずに見ることができます。


ページの先頭へ