BookLiveのスポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。スポーツ運営、スポーツビジネスに関わる者が知っておきたい最低限の知識を網羅。いま企業、自治体関係者、学生たちの関心が高い分野の初の本格的入門書。【主な内容】Prologue スポーツ産業と他産業との違い/Chapter1 マネジメントの本質/Chapter2 スポーツ・マネジメントとは/Chapter3 ミッション・ビジョン・ドメイン/Chapter4 ステークホルダーを理解する/Chapter5 戦略の基本/Chapter6 スポーツが持つ公共性/Chapter7 地域密着について/Chapter8 GMの役割/Chapter9 必要な「法務」の知識/Chapter10 必要な「財務・経理・会計・税務」の知識/Chapter11 コーポレート・ガバナンス/Chapter12 人事マネジメント/Chapter13 コミュニケーション戦略/Chapter14 危機管理について/Chapter15 顧客管理とは/Chapter16 ファンという「顧客」とサポーター組織/Chapter17 スポーツ・マーケティング(考え方と成功例)/Chapter18 CS(顧客満足)とは/Chapter19 自治体との関わり方/Chapter20 施設建設と運営/Chapter21 セカンドキャリア問題/Chapter22 メディア・トレーニング/Chapter23 新規参入と入会審査/Chapter24 選手マネジメント



スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する詳細はコチラから



スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する


>>>スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解するのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する」のサイトによりいろいろですが、丸々1巻全部を無料で試し読みすることが可能というところも若干あります。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「楽しいと感じたなら、続きの巻を買い求めてください」というシステムです。
漫画ファンの人からすると、収蔵品としての単行本は大切だということはわかりますが、「読むことができればOK」という人であれば、スマホで楽しめるBookLive「スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する」の方をおすすめしたいと思います。
「電子書籍が好きじゃない」という愛読家の人もいるのは確かですが、1回でもスマホにて電子書籍を読んでみれば、持ち運びの便利さや決済のしやすさから繰り返し購入する人がほとんどだと聞きます。
多忙でアニメを視聴する時間が捻出できないという社会人にとっては、無料アニメ動画が非常に役立ちます。毎週同一時間帯に見ることなど不要ですから、空き時間を有効に使って視聴できるのです。
漫画と言うと、「10代を対象にしたもの」という印象が強いかもしれません。けれどもここ最近のBookLive「スポーツ・マネジメント入門―24のキーワードで理解する」には、サラリーマン世代が「昔を思いだす」と口にされるような作品もどっさりあります。


ページの先頭へ