BookLiveの[新装版]土光敏夫 信念の言葉無料サンプル&試し読み


1950年、大赤字・給料遅配・スト続きで苦しむ石川島重工業(現IHI)の社長に就任した土光氏は、「ミスター合理化」と呼ばれるほどの経営合理化で再建を果たす。その後、東京芝浦電気(現東芝)の社長に就任、さらに長年にわたり経済団体連合会会長などを務め、日本経済の発展に尽くした。また、81年、会長に就任した第二次臨時行政調査会では、国鉄の分割民営化や三公社の民営化で日本の構造改革を実現させ、「行革の鬼」との異名をとっている。しかし、その生活ぶりは質素で、潔い人生観もうかがえる。何ごとがあろうとも信念を貫き、大願を成就させた強い意志と行動力の源泉を、200篇の言葉で探る。政治や経済の仕組みが大きく変わろうとしているいま、土光氏の考え、発言は、これからの日本を考える上でも、大きな意味を持ってくるに違いない。



[新装版]土光敏夫 信念の言葉無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


[新装版]土光敏夫 信念の言葉詳細はコチラから



[新装版]土光敏夫 信念の言葉


>>>[新装版]土光敏夫 信念の言葉のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出していますから、きちんと比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めてほしいと思います。扱っている本の数や料金、サービスの中身を見比べると間違いありません。
読んでみた後で「前評判よりも面白くなかった」という場合でも、漫画は交換してもらえません。だけれど電子書籍なら試し読みをすることができるので、このような失敗をなくせます。
ここに来て、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊いくらではなくて、1ヶ月いくらという販売方法です。
長期間連載している漫画はまとめて買うことになるということから、最初に無料漫画で少しだけ読んでみるという人が多くいます。やっぱり立ち読みせず本を買うというのは難しいことのようです。
幼少時代に繰り返し楽しんだ思い出のある漫画も、BookLive「[新装版]土光敏夫 信念の言葉」として取り扱われています。一般の書店では見ない漫画も数多く見受けられるのがセールスポイントだと言っていいでしょう。


ページの先頭へ