BookLiveの世界文学を継ぐ者たち 翻訳家の窓辺から無料サンプル&試し読み


十九世紀、文豪ゲーテは「世界文学の時代が到来した」という名言を遺した。そして現在、世界の多極化を映し出す「バベル後の光景」から、新たな文学地図が描かれている。村上春樹や吉本ばなながイタリアの街を闊歩し、イギリス国籍の日本人作家カズオ・イシグロが、かの地の精神的風土を英語のキャンバスに描き出す。多くの作品を翻訳し、最先端の翻訳理論に通暁した著者が、旧植民地からの声や、ホロコーストの沈黙から芽吹いた言葉に耳を澄まし、「悲しみから生まれた希望」を標す五つの作品を取り上げた。二十一世紀の世界文学案内。【目次】プロローグ/序章 歴史のクレバスと現代の創世記/第一章 自分を語り、他者を語る――エヴァ・ホフマン『記憶を和解のために――第二世代に託されたホロコーストの遺産』/第二章 未来への記憶――アン・マイケルズ『儚さのかけら』/第三章 現代の神話――アルンダティ・ロイ『小さきものたちの神』/第四章 漂泊の果て――記憶の回復――マフムード・ダルウィーシュ『忘却への記憶――一九八二年 ベイルート 八月』/第五章 「不思議なもの」との友情――デイヴィッド・アーモンド『スケリグ』/結び――世界文学への応答/関連図書リスト――この先へ進みたい読者のために



世界文学を継ぐ者たち 翻訳家の窓辺から無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


世界文学を継ぐ者たち 翻訳家の窓辺から詳細はコチラから



世界文学を継ぐ者たち 翻訳家の窓辺から


>>>世界文学を継ぐ者たち 翻訳家の窓辺からのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「電子書籍が好きじゃない」という本好きな人も多くいますが、1回でもスマホで電子書籍を読むと、持ち運びの楽さや購入の手間なし感からどっぷりハマる人が大半だそうです。
バッグの類を持ち歩くことを嫌う男の人にとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのは物凄いことなのです。荷物を増やすこともなく、ポケットにインして本や漫画を持ち歩くことができるわけです。
電子書籍の需要は、より一層高まってきています。そんな中で、利用者が増えつつあるのが読み放題というサービスなんだそうです。料金の支払いを気にせず利用できるのが大きなポイントです。
試し読みをして自分に合う漫画なのかをチェックした上で、心配などすることなく買えるのがネットで読める漫画の良い点です。支払い前に内容を確認できるので失敗の可能性が低くなります。
一概に無料コミックと言っても、読むことができるカテゴリーは広範囲に亘ります。少女漫画から青年漫画まで揃っているので、あなたが読みたがっている漫画がきっとあるはずです。


ページの先頭へ