BookLiveの慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。その日の雨は異常だった―。激しく大地を叩きつける雨音は一向に止む気配を見せないどころか、その強さを増していった。そして、私の元に一本の電話が舞い込む。知己の詩人が氾濫した濁流に呑みこまれ行方不明になったという報せだった。その時私は…。栃木県北を襲った集中豪雨で犠牲になった詩人の実話を基に描いた表題作ほか、7編を収めた短篇集。



慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―詳細はコチラから



慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―


>>>慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



近年、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というサービスが登場し注目を集めています。1冊ごとにいくらというのではなく、1ヶ月いくらという販売方式を採っているのです。
利用者の人数が急激に増えてきたのがBookLive「慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―」です。スマホで漫画を満喫することが普通にできるので、かさばる本を持ち運ぶことも不要で、外出時の荷物を軽くできます。
無料コミックなら、買おうかどうか決断し切れずにいる漫画の一部分を料金なしで試し読みするということが可能なわけです。手にする前にストーリーの流れなどをある程度読むことができるので、非常に人気を博しています。
「出先でも漫画を読みたい」と言われる方に打ってつけなのがBookLive「慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―」だと思います。漫画本を持ち運ぶこともなくなりますし、荷物自体も減らせます。
買った後で「自分が思っていたよりも面白くなかった」ということがあっても、一度読んだ漫画は返品不可です。だけれど電子書籍ならあらかじめ試し読みができるので、こうしたことをなくすことができます。


ページの先頭へ