BookLiveの原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)無料サンプル&試し読み


1970年前後を境に、反原発の世論が高まった。原子力発電をどう考えるか、メディアの姿勢が鋭く問われた。朝日新聞は基本的に容認の立場をとり、原発に甘すぎる、との批判を浴びた。容認の「内側」に何があったのか。2011年12月から38回に渡って朝日新聞夕刊で連載された「原発とメディア 容認の内実」の1~19回分を収録。



原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)詳細はコチラから



原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)


>>>原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



鞄などを持たずに出かけるという男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのはとても便利です。荷物の量は増えないのに、ポケットの中に入れて本を携帯できるわけなのです。
スマホで閲覧することができるBookLive「原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)」は、お出かけの際の荷物を軽くするのに有効です。リュックの中に何冊も本をしまい込んで持ち運ぶようなことをしなくても、思い立った時にコミックを閲覧することが可能になるのです。
幼少期に大好きだった懐かしさを感じる漫画も、BookLive「原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)」として読めるようになっています。近所の本屋では置いていない漫画もラインナップされているのが魅力です。
「自室に保管しておきたくない」、「読んでいるということをヒミツにしておきたい」ような漫画であったとしても、BookLive「原発とメディア〔3〕 「容認」の内実(上)」を賢く使えば自分以外の人に知られずに閲覧できます。
本というものは返すことが不可能なので、内容を吟味してから買いたいと考えている人にとって、試し読みが許される無料電子書籍はとても重宝すると思います。漫画も中身を確かめた上で購入できるのです。


ページの先頭へ