BookLiveの原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)無料サンプル&試し読み


「原発に反対という立場で原稿を書いてはいけないのか」「そういう質問が出るとすれば、その通りだと答えるほかない」。1970年代、安全性をめぐって論議のある原発について、朝日新聞は基本的に容認の立場をとった。その「内側」には何があったのか。2011年12月から38回に渡って朝日新聞夕刊で連載された「原発とメディア 容認の内実」の20~38回分を収録。



原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)詳細はコチラから



原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)


>>>原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



書店では、棚の問題で置くことができる本の数に限りがありますが、BookLive「原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)」についてはそういった問題がないため、オタク向けの単行本も多いのが特徴でもあるのです。
テレビ放送されているものをテレビ番組のスケジュール通りに見るのは面倒ですが、無料アニメ動画として視聴可能なものなら、ご自身の空いている時間を活用して楽しむことも叶うのです。
古いコミックなど、店頭では取り寄せしてもらわないと入手できない作品も、BookLive「原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)」の形で多く陳列されているので、どこでも入手して閲覧できます。
無料漫画を満喫できるということで、利用者数が右肩上がりになるのは少し考えればわかることです。店頭とは異なり、他者の視線を気に掛けることなく立ち読みができるというのは、電子書籍ならではのメリットなのです。
本のネットショップでは、総じてカバーとタイトル、あらすじ程度しか見ることはできません。けれどもBookLive「原発とメディア〔4〕 「容認」の内実(下)」サイトを利用すれば、冒頭部分を試し読みで確かめることが可能です。


ページの先頭へ