BookLiveの記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する無料サンプル&試し読み


福島第一原子力発電所の事故について、東京電力は2011年3月11日以降、さまざまな情報を発表してきた。私は翌12日夜、取材記者として東電本店に入り、以後、その報道の一端に関与している。この事故の報道について世の中ではさまざまな批判がなされている。その多くについて私は真剣に受け止めて、「記者としてどうすべきだったか」と考えてきている。しかし、なかには、印象批評の域を出ない批判や、誤った事実を前提にした批判も少なからずある。具体的な事実に基づいて実証的に批判するのではなく、誤った思い込みに基づく批判のための批判、あるいは、まるでスーパーマンに求めるかのような現実離れした「あるべき」論をいくら並べても、将来への教訓にはならない。東電はどのような認識の下であのような発表をし、記者たちはどのような認識の下であのような報道をしたのか? 報じられた内容に対して、現実はどうだったのか? 東電の発表はウソだったのか? 何が問題なのか? 事故発生から1年を経て徐々に分かってきた事実関係を前提に置き直して、私の視点から当時の発表と報道を具体的に検証してみたい。その上で、報道に対する批判を検討し、将来への教訓の抽出を試みたい。



記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する詳細はコチラから



記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する


>>>記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証するのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



基本的に本は返せないので、中身をある程度分かった上で入手したいと考える人には、試し読みで確認できる無料電子書籍はとても重宝するはずです。漫画もあらすじを確認してから入手できます。
「詳細を理解してからDLしたい」という考えを持つ利用者からしたら、無料漫画はメリットの大きいサービスだと考えられます。販売側からしても、ユーザー数増大が望めます。
本などについては、書店で立ち読みして購入するか否かを確定する人が多いらしいです。ただし、最近ではまずはBookLive「記者はどうすべきだったか〔1〕 福島原発事故報道を検証する」で1巻を購入し、それを買うか判断する人が増えているとのことです。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトを念入りに比較して、自分の好みに一致するものを選定するようにしましょう。そうすれば後悔することもなくなります。
コミックサイトも相当数運営されていますから、比較検討して利便性の高そうなものを見定めることが重要だと言えます。というわけで、先ずは各サイトの特性を把握するようにしましょう。


ページの先頭へ